🖤 りいこりあぶろぐ 🖤

韓国好きの女子が韓国留学やK-POP、韓国ドラマ、韓国映画、韓国コスメなど好きなものをお届けします。韓国ドラマのレビューははネタバレをできるだけなくそして簡潔にすることを心がけています。

【韓国ドラマ】「椿の花咲く頃」感想・レビュー

f:id:riykorea:20200513104523j:plain

最高視聴率23.8パーセントを記録

KBS演技大賞12冠

2019年史上最高の大ヒットドラマ「椿の花咲く頃」

感想・レビューです。

 

 

 

概要とあらすじ

  • タイトル:「椿の花咲く頃」
  • 脚本・制作:イム・サンチュン、チャ・ヨンフン
  • キャスト:コン・ヒョジン、カン・ハヌル、キム・ジソク、オ・ジョンセ、キム・ガンフン
  • 放送局:KBS
  • 放送期間:2019年9月18日〜11月21日
  • 全20話

あらすじ

  偏見に閉じ込められたシングルマザーのトンベク。そして奇跡のような一人の男ヨンシクの話。確かに熱い愛のお話だが、毎日毎日愛するだけじゃない話。”本当の人々”による”本当のお話”がはじまる。

「あの子、ちょっと不幸じゃない」

ここに偏見に閉じ込められた女性がいる。誰も彼女の幸せを予想することはできない。私たちが無関心でも些細な視線が彼女を簡単に裁断するが、私たちが無関心でも些細な配慮が彼女の世界を変えることもできる。

 

偏見に閉じ込められていた1人の女性が少しずつ殻を破って出ていくまで。

その些細だけれど偉大な奇跡を生み出したのは普通のようで普通ではないやつ、ヨンシクだった。

 

1人の人に向けた雷のような応援。

「あなたはすごい、最高だ、素晴らしい、本当に最高!」

この馬鹿正直な応援が彼女の世界をどのように変えていくのか、人は人にどのような奇跡を起こせるのか。

<KBS公式サイトから抜粋>

主な登場人物

  • オ・トンベク(コン・ヒョジン):カメリアの社長でピルグの母。オンサンのダイアナと呼ばれている。

f:id:riykorea:20200513104541j:plain

  • ファン・ヨンシク(カン・ハヌル):オンサンの巡査。馬鹿正直。

f:id:riykorea:20200513104638j:plain

  • カン・チョンリョル(キム・ジソク):野球スター。ピルグの父。

f:id:riykorea:20200513104700p:plain

  • ノ・ギュテ(オ・ジョンセ):トンベクの店「カメリア」の常連客。妻は弁護士。

f:id:riykorea:20200513110053p:plain

  • フン・チャヨン(ヨン・ヘラン):オンサンのエリート弁護士。ギュテの妻。

f:id:riykorea:20200513110121j:plain

  • チェ・ヒャンミ(キム・ダンウ):トンベクの店「カメリア」のアルバイト。正体不明。

f:id:riykorea:20200513104747j:plain

  • カン・ピルグ(キム・カンフン):トンベクの息子。母を守る6才。

f:id:riykorea:20200513104725j:plain

  • カク・ドクスン(コ・ドシム):ヨンシクの母でトンベクのベストフレンド。

f:id:riykorea:20200513110154j:plain

観た感想

このドラマは私の韓国ドラマ史上最高ともいえる素晴らしい作品でした。

  

偏見を受けて孤独に生きてきたシングルマザーのトンベク。

f:id:riykorea:20200513104820j:plain

そんな彼女の前の一人の男が現れたことをきっかけにトンベクは殻を破り、言いたいことを言える強い女性へと成長していきます。

 

そんな奇跡を起こしたのは一人の男、ヨンシク。彼は御曹司でもエリートでも、お金持ちでもない。ただの凡人です。

 

そんなヨンシクがどのような奇跡を主人公に起こしていくのか。

その過程を通して、様々なことを学ぶことができました。

 

f:id:riykorea:20200513104859j:plain

ヨンシクのバカ正直な無償の愛。

彼はただの凡人だけれど、唯一無二の奇跡のような男で、人間としてとても魅力的で、人間生きていくうえで大事な様々なことを教えてくれました。

 

こんな素敵な人、この世に絶対存在しないと断言できるくらいの素敵な人で、そんな奇跡のような男と出会えたトンベクにとってヨンシクは本当に奇跡の存在であると思うし、本当に憧れました。

f:id:riykorea:20200513110227j:plain

 

またヨンシクの他にもこのドラマに登場するのは小さな田舎に住む普通の人で、このドラマで起こる出来事もリアルでとっても現実見があって、感情移入しやすかったです。

 

そしてそんな狭いコミュニティの中で偏見の目を向けられて肩身の狭い思いをしていた主人公と周りの住民達がどのように関わっていきどんな奇跡を起こすのか。

 

そこには家族愛、親子愛など様々な愛に溢れた物語があって、涙なしには観られない心温まるストーリーがありました。

f:id:riykorea:20200513111519g:plain

 

そんな中、トンベクの街で起こる連続殺人事件。そこで犯人に狙われているトンベク。

 

f:id:riykorea:20200513110441j:plainf:id:riykorea:20200513110456j:plain

そんな事件をオンサンの住人達がどのように解決していくのか、近くの誰が犯人かわからない状況にヒヤヒヤするシーンも満載でした。

 

このようにラブコメ、ヒューマン、サスペンスなどこのドラマは様々な要素が詰まったストーリーなのに、設定や構成がしっかりしていてきちんと伏線回収もされていて、本当によくできたドラマだなと思いました。

 

間違いなく私の人生のドラマになったと思います。

 

このドラマの見所

ロマンティックヒューマンラブサスペンスコメディ

 このドラマのジャンルとなっているのですが、本当に様々な要素が詰め込まれたドラマです。

 

トンベクとヨンシクの本当にロマンティックなラブストーリー。

またトンベクと息子ピルグの親子愛など様々な愛を物語るヒューマンストーリー。

そしてそんなみんなの街オンサンで起きる殺人事件。

 

1つ1つの要素としてのストーリーが完璧に完成されているのにそれが絶妙にミックスされていて、まったくの矛盾もなくしっかり構成されていているのが本当に不思議で、このドラマの脚本が最高としか言いようがありません。

f:id:riykorea:20200513111623j:plain

 

こんなドラマ他にはない、本当に唯一無二のドラマであると思います。

 

奇跡の男、ヨンシク

このドラマの最重要人物といったらこの人です。

ファン・ヨンシク。

彼は凶悪犯を捕まえた事がきっかけで警察官になったような正義感に溢れ実直な青年。

 

そんな彼は恥ずかしくなるような告白を大声でしてしまったり、常に可愛い可愛いとトンベクにいっているほど本当にバカ正直で魅力的な男性です。

 

f:id:riykorea:20200513104602g:plain

これを演じるカン・ハヌルが本当に演技が自然でヨンシクの魅力に、より一層惹かれていきます。

 

また彼が話すオンサンの方言が独特で、キュンキュンするような告白をしてもなんだか面白く聞こえてしまいます。

 

彼が一目惚れしたトンベクにする告白

「ただただ、一目惚れしてしまって、戦略とか駆け引きとかそんな事わからなくて、、、ヨンシクです。ファン・ヨンシク!!!」

こんな言葉、急に大声されたらどうでしょう。

なんて素直な男なんだろうと思ってしまいます。

 

f:id:riykorea:20200513105223g:plain

しかし、バカ正直に生きることって、人間にとってあまりできない難しい事だと思います。

そんな彼をみていると、気持ちをそのまま言葉にする事がどれだけ大事なのか、色々と考えさせてくれるものがあります。

 

 

魅力的なキャラクターとそれぞれの愛

 

ヨンシク以外にもこのドラマに登場するオンサンの住民達は個性的で魅力的なキャラクターでそして誰もが愛に溢れた人物たちです。

f:id:riykorea:20200513105942j:plain
 

主人公トンベクはシングルマザーでありながらも息子ピルグに寂しい思いをさせないようたくさんの愛情を注いて育てているし、息子ピルグは6歳でありながらもそんな母親を守ろうとしている本当に優しい子供。

そんな孤独なトンベクの一番で唯一の味方になってくれるのは血の繋がらない近所のおばさん。

カメリアで働き、自分を救ってくれたトンベクが大好きなヒャンミ。

そしてオンサンを牛耳るおばさん軍団。

f:id:riykorea:20200513111142j:plain

 

その他にもこのドラマに登場するすべての人たち一人一人が魅力的なキャラクターでそしてそれぞれにちゃんとストーリーがあります。

 

f:id:riykorea:20200513111050j:plain

f:id:riykorea:20200513111110j:plain

f:id:riykorea:20200513111242j:plain

 

このドラマには「人は人の奇跡となれるのか?」というのが一貫したテーマになっているのですが、まさにこのドラマではそんな人たちのそれぞれの関わり方を通して、家族愛、親子愛、ヨンシクの無償の愛、そして、血のつながらない他人の愛など様々な愛、些細な愛情が、ある人の人生を変えたり生きる希望や力になったりして、自分の些細な愛情が誰かの奇跡になるということを教えてくれます。

f:id:riykorea:20200513110317g:plain

そしてまたこのドラマを通して、誰もが自分も誰かにとっての奇跡になれたらいいなと思うことでしょう。

  

まとめ

 

このドラマはすべての人に愛する事の素晴らしさや勇気をくれる素敵なドラマでした。

 

今を生きるすべての人たちに観て欲しい作品です。

観た人はきっと、今生きていることがいかに素晴らしくて、奇跡なのかということを実感し、今自分の周りにいる愛情をくれるすべての人たちに感謝を伝えたくなるでしょう。

 

オススメのOST

John Park(존박) - Foolish Love(おかしな愛)

 

Punch(펀치) - 영화 속에 나오는 주인공처럼(映画に出てくる主人公のよう)

 

にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
にほんブログ村