🖤 りいこりあぶろぐ 🖤

韓国好きの女子が韓国留学やK-POP、韓国ドラマ、韓国映画、韓国コスメなど好きなものをお届けします。韓国ドラマのレビューははネタバレをできるだけなくそして簡潔にすることを心がけています。

【韓国ドラマ】韓国ドラマにおけるOSTの重要性と魅力

f:id:riykorea:20200607091121j:image

韓国ドラマの魅力をあげたら、きりがありません。

 

その中でも何よりも、韓国の製作陣がドラマを作るうえで一番といってもいいほど重要と考えるものがあります。

 

”OST”です。

OSTはOriginal Sound Trackの略で、ドラマの途中に流れる音楽を指します。

 

日本にも、ドラマに音楽が流れるのは当然にあることです。

しかし明確に違うのは韓国ドラマには、歌手などが歌っている音楽であることです。

 

日本だと、だいたい主題歌が最初、または最後に流れるのみで、ドラマの途中では主に、サウンドトラックといわれ、歌のないBGMのようなものが流れることがほとんどです。

 

しかし韓国ドラマでは、主題歌はもちろん挿入歌としてドラマの最中に曲が流れるのがあたりまえになっていて、挿入歌には多くの歌手が参加し、多くの種類の曲が流れるのが通例になっています。

 

そんなOSTについて、今回は韓国ドラマのOSTとその制作の仕方についてまとめてみました。

 

韓国ドラマにおけるOST

OST。Original Sound Trackの略。

日本では挿入歌といわれますが、韓国ドラマにはそんなOSTという音楽がドラマの途中に多く流されます。

 

韓国ドラマをみたことがある人はわかると思いますが、ドラマによって、それぞれ数曲、ドラマの名シーンとともに流れますよね。

 

そしてどの曲もそのドラマの雰囲気にぴったりはまっていて、音楽によって世界観を上手く表現しています。

 

そんな韓国ドラマならではともいえるこのOSTは韓国ドラマの特徴、そして魅力の1つとなっています。

  

音楽によって、そのドラマの世界観をより表現することができ、多くのアーティストが参加することで、作品を盛り上げるになるという重要な役割をOSTはもっています。

そのため韓国ドラマの制作側は良い作品を作るために、OSTを重要視していて、そのためドラマの制作において、OSTの制作も熱心に行われているようです。

 

OSTの制作

OSTが誰によってどのように作られるのかはドラマや曲によって違います。

 

しかし一般的には作曲プロデューサーと音楽監督が中心となって制作するようです。

 

音楽監督は主にBGMを担当しています。そしてOSTは音楽によってプロデューサーがいて、音楽監督や製作陣がそのプロデューサーに対し、ドラマのこういった雰囲気に合わせたこういう曲を作って欲しいと注文する形で音楽が作られます。

 

または、作品を書いた脚本家がストーリーの展開上必要な音楽があると判断した場合には台本にその趣旨を書いて要求する場合もあるようです。

 

このようにして制作された音楽は、そのドラマや曲の雰囲気にあうアーティストをキャスティングし、完成されるのです。

 

 そしてまたその他の特殊な例もあります。

例えば、「愛の不時着」では脚本家のパク・ジウンがIUにOSTへの参加をお願いしたそうで、パク・ジウンんさんの前作「プロデューサー」にIUが出演していたという縁で、OSTの参加が実現しました。

f:id:riykorea:20200603003549j:plain


 

また、「梨泰院クラス」では主演パク・ソジュンの親友ということで、BTS のVがOSTに参加し「Sweet Night」という曲を発表しました。またこの曲は作詞作曲に自らVが田携わったようです。

 

f:id:riykorea:20200603003655j:plain

このように、縁のつながりで有名アーティストがOSTに参加するという例が多くあったり、またVのようにアーティスト自ら作詞作曲に参加するという例も多くあるようです。

 

OSTを制作するうえで、ドラマの雰囲気に合わせた曲を作るように、音楽監督、脚本家、プロデューサー、そして製作陣が協力して制作しているということが総じてわかります。

 

やはりOSTがドラマにおいて、重要であると考えている韓国ではドラマ制作と共に、OSTの制作も、相当な時間をかけて行われているようです。

 

そのため韓国ドラマそれぞれの世界観を表現した音楽が完成することで、より魅力的な作品になるということでOSTは韓国ドラマの魅力の1つとなっているのです。

 

大ヒットドラマのOSTたち

実際に大ヒットドラマの音楽として有名になったOSTをみていきましょう。

 

まずは2016年最大の大ヒット作となったコン・ユ、そしてキム・ゴウン主演の「トッケビ」。

 

このドラマのOSTの代表曲とされているのがCrushの歌う「Beautiful」。

 

 

ファンタジーな作品である「トッケビ」の世界観を表現し、切なくて美しい恋の物語をゆったりとしたメロディーに乗せて歌った素敵な音楽でトッケビの独特の世界観を見事表現していました。

 

次に最近話題になった作品たちから。

パク・ソジュン主演で今、日本で大人気の「梨泰院クラス」。

このドラマの主題歌として流れているのがKahoの「はじまり」。

 

主人公パク・セロイの夢への物語ということで、全体的にテンポがよく、カッコいい曲調で、疾走感のあるOSTが特徴的だったのですが特に、この音楽を聴くと胸が熱くなるようなシーンが蘇ってきます。

 

そしてまた、今大人気の「愛の不時着」。

このドラマのOSTとして数々の名場面で流れた曲がIUの「心が震えます」。

 

国境に引き裂かれた令嬢ユン・セリと北朝鮮軍人のリ・ジンヒョクの切ない恋物語を描いたこの作品で、2人の切ない、辛い感情を歌にのせたこの歌は、よりその切なさをこちらに感じさせるような曲になっていて、この曲が流れると自然と切ない気持ちになる、そんな曲で視聴者の涙を誘います。

 

どの曲もそれぞれのドラマの雰囲気にあった音楽になっているということがよくわかったと思いますし、ドラマにおいてこのOSTがどのような影響を受けているのがもわかったと思います。

 

まとめ

今回はOSTについてまとめてみました。

個人的に韓国ドラマのOSTが大好きで、OSTというよりどの曲も名曲すぎて、ドラマを好きになるとそのOSTも大好きになるし、本当にOSTは韓国ドラマの魅力の1つになっていると思います。

 

なのでぜひ、韓国ドラマを観る際には、OSTにも注目してみていただくとより楽しめるのではないかと思います。